you are beautiful , with iBeautyStore.

次なるトレンド?ギーの魅力について

2017年4月20日 iBスタッフ 0 Comments

カリフォルニアからこんにちわ。

 

まだ日本ではあまり馴染みがないかもしれない「ギー(Ghee)

 

 

ギーはインド料理には欠かせないオイルですが、

最近はインド料理だけでなく、健康志向の人はバターの代わりにギーを

料理や飲み物(例のバターコーヒー)に入れて使っており

アメリカでは、コストコ(COSTCO)でバケツのようなギーも売られるほど

かなり一般的になりつつあります。

 

 

ギーとは?

 

ギーは、澄ましバター(Clarified Butter)とか精製バターとも呼ばれています。

乳固形成分が取り除かれており、乳糖やカゼインが少なく、

乳糖でおなかを壊しやすい人や牛乳にアレルギーがある人でも

比較的安心して使えるというメリットがあります。

 

また、通常のバターよりも発煙点が高く、バターよりも長持ちする利点もあります。

※発煙点とは、油を火にかけて煙が出る温度。煙点に達すると、風味や栄養成分が損なわれるので、煙点が高い油は炒め物に適しています。

 

 

栄養価の高いギー

 

ギーは短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、共益リノール酸(CLA)を多く含みます。

特に、グラスフェッドバターから作られるギーはCLAが多いそうです。

 

短鎖脂肪酸はデトックス効果がありお腹の健康に役立ち、抗炎症作用もあります。

中鎖脂肪酸はエネルギーに変換され、脂肪の燃焼に役立ちます。

これはココナッツオイルと同じですね!

そしてCLAはコレステロールや血圧を下げ、体脂肪も落とすので

ダイエットの味方になる脂肪酸です。

 

他にも、ビタミンA、D、Eといった脂溶性ビタミンも豊富です。

 

 

これらのベネフィットを知ってからは、カレーを作るとき以外にも

積極的にギーを使っています。

味はバターほどのバター味はしません。ココナッツオイルはココナッツの味がきついので

苦手な人も多かったかも・・・でもギーはそこまでバター味しませんから

一度、お試しいただきたい!

日本ではスーパーで簡単に手に入らないかもしれませんので

是非、ご自分で手作りしてみてはいかがでしょうか!

 

ということで、下記にギーに作り方をご紹介します。

 

ギーの作り方

 

【ギーの作り方】

材料:

無塩バター 500g、できればオーガニック、グラスフェッドバターが良いです。

 

作り方:

1.バターを四角くカットしてフライパンに入れます。

2.中火でバターを溶かし、煮詰めます。

3.10~15分煮詰めます。泡が出てきて、パチパチと音がしだします。これは、バターから水分が蒸発するときに出る音です。パチパチ音がなくなってくると再び泡状になりますので、こうなったら完了。

溶けたバターはゴールデンカラーをしています。

フライパンの底には赤茶色の固形物がたまっています。これは、バターに含まれていたたんぱく質です。

4.2~3分冷まします。チーズクロスやクッキングペーパーを使って濾します。

5.ギーは室温でも冷蔵庫でも保存可能です。室温なら1か月くらい。

 

是非、手作りのギーも楽しんでみて下さいね。

 

 

LINEで送る
#ギー#グラスフェッド#ココナッツオイル#バター

Previous Post

Next Post